日々の営みの中で、「ほんまはやらなあかんねんけど・・・」と思いつつ、後回し後回しになってしまっていること、ありますよね。

それをリストにすると、僕などは、かなりブルーになってしまいそうなので、やりません。 ww

food--Japanesefood-tekonesushi

さて、塾における(学校はもちろん)「国語」の置かれている状況は、まさに「後回し」。

ほんとは「最重要科目」なのに「後回し」。

語弊を怖れずに書きますと、やはり「数学」と「英語」の需要が高いです。
そして「理科」もあれば「社会」もある。
もちろん塾によっては普段から「国語」の授業をされているところもある。

ただ、その内容が問題。特に公立中学校の生徒たちを対象としている塾の「国語」の授業の内容が・・・。
基本、学校の教科書ベースのことをやりますからね。

これは英語(ならば高校生のリーダーも含む)でもそうですが、範囲が決まっていて、文章があらかじめ設定されていて、「こんなことがよく問われる、こういうことを問われたらこう答える」的な授業になり勝ちです。

でもそれでは、本当の読解力(国語力)は身につかない。
丁寧に出題範囲を覚えたもん勝ちのテストになりますから。
そういう定期試験で高得点が取れていようと、実力テストなど初見の文章が相手となると、ガクっと成績が下がります。

それでは、国公立大学現役合格には、大きなブレーキとなってしまいます。

そんな状況の中で、本当の読解力(国語力)を身につけるためには、スタートは早いほうがいい。
中学校に上がるまでなら特に、学校の教科書への対応ではない「真の読解力(国語力)養成」に、時間を掛ける余裕がありますから・・・。

(2)では、続きとして、「国語最重要科目である」という話を、もう少し。