ここまで読んでいただいて、大切なわが子のことを想っておられる親御さんなら、
「これは、もともとかなりの能力がある、特別な生徒の物語なのでは?」と思われたかもしれません。
塾関係の方なら、「これは、職人芸を持った塾長の特別な指導の賜物なのでは?」
と思われたかもしれませんね。

今年の夏まででしたら、僕はそういうご質問に対して、何も言えなかったかもしれません。

でも、今ではきっぱり、「そうではないんですよ。」と、言うことができます。

file2381338228859

確かにI君はある程度の能力はありました。でも、そんな飛びぬけたすごい能力ではありませんでした。
彼には悪いですが、もっとすごい生徒は、前の塾で嫌というほど観ていましたからね。

それから、彼がSUPER e-Kids のカリキュラムを始めたのは、小6の1月半ばです。

これから募集するSUPER e-Kidsは、
現4年生なら9ヶ月後(5年生の8月)には、
現5年生なら4ヶ月後(6年生の3月)には、
彼と同じ地点に立てます。

仮にI君ほどの学力がなかったとしても、10ヶ月~17ヶ月のアドバンテージがあるわけです。

4年生の初めから始めた場合は、2年のアドバンテージ。
5年生の初めから始めた場合は、1年半のアドバンテージ。

充分すぎると思います。

そしてもうひとつ、I君と僕の二人三脚が始まった7年前とは、大きく違う点があります。


(2)に続く